うつとやさしさ

がんばれと励ましてはいけない、というのは、いまや常識になったようですが、実際はとても上滑りしていて、「がんばれ」という言葉を使ってはいけないと、勘違いしている人がおおい。うつの人でも、気がついていないらしいと、思うことがある。

うつは、心が弱ってる、感情は薄らいでいる状態。がんばれないのは当然だが、ああしろ、こうしろ、といった命令的な言葉も、こうしたほうがいいよ、というお勧めの言葉さえも、受け止めるだけの気持ちがもてない状態。そういう風にできたらいいけど、今は何も考えられないんだよっていうのが、うつ。

うつの人は、自分のそういう心をよく見ているとおもう。ぼくもそれなりに見てきたつもり。少し落ち着いているときがあれば、そういう自分の心の動きを観察していると、人はとても弱いものだとおもう。だから自分にもやさしくなってしまうし(これは、自分を甘やかしているのかもしれない)、他人にもやさしくなれる。どんな言い方をすれば、相手を傷つけないか、なんとなくわかる。この人は、どんな人なのかもわかる気がする。

うつは、苦しいが、うつからもらったものもある。


京都 藤森神社のあじさい
画像


画像


この記事へのコメント

ミューママ
2006年06月09日 01:42
こんにちわ。
自分を甘やかしていいんだと思います。うちのウツ夫も自分に厳しくしすぎなんです。みんなある程度適当にやってるんですから。
でも、そうですよね。うつになったからこそ他人の気持ちをすごく考えるようになれたっていうことはありますよね。私の場合は夫がもう13年もウツなんですが、どう言ってあげたらいいのかいまだにわかりません。自分よりも他人を優先しすぎて、歯がゆいくらいです。
外川
2006年06月09日 16:10
始めまして、外川 と書いて とがわ と読みます。山梨県にすんでいます。鬱は悪い事ばかりでは有りません、いい事もいっぱい教えてくれます。私事ですが、鬱と診断されて6年、一作年位から要約、楽になり始めています。ストレスと過労で倒れたのは22年前です。鬱と解るまで16年も解っていませんでした。私のブログは、今改装中ですが、近い中に再開します。その時は、覗いてみて下さい。http://1951.at.webry.info/
youko.chibi
2006年06月10日 09:41
syuntaroさん、おはようございます。疲れていませんか?またまた簡単にコメントさせて頂きます。そうですね、少なくともウツになってから、人のココロ・思っている事が、何となく解るようになりました。人を傷付けまいと、ほんの少し気を配ったり、「あっ、この人には今こういう事を言うべきではない」とかね…。ヘンな気遣いをしたりされたりすると、自分自身も解るし、相手も察する。難しいけど、相手も同じ病なら、それは理解してくれている、と私は思います。
アジサイ、綺麗ですね~('-^*)
2006年06月11日 13:06
ミューママさん、外川さん、youko.chibiさん、こんにちは(^o^)丿
皆さん、ベテラン(?)か、うつと付き合う方法を熟知されているんですね。いいこともあるし、適当に自分を甘やかしながら、上手に暮らさないといけないのですね。
なってよかったことも、たくさんあります。だから、うまくうつとつきあって、人にも甘えて、生きていきます^^;

アジサイって、アップで見ると印象が変わるでしょう?
外川
2006年06月11日 14:00
暫く、休んでいたブログ再開しました。気が向きましたら、一度覗いてみて下さい。
syuntaro
2006年06月15日 00:21
はーい、ありがとうございます。

この記事へのトラックバック