自分で決める

アメリカの大統領選挙が終わって、オバマさんが選ばれました。どんな政策を実行されるのかは、今からなのでわからないですが、いろいろな期待を背負っているので、何でもかんでも手をつけるのか、それとも重点を絞ってひとつづつやっていくのか、そういうものが日本にもいろいろと影響してきます。
日本は、見えないところでもアメリカに依存している部分が多いので、アメリカがこけたら、日本もこけるようなことは避けないといけません。
こっちのほうは、麻生さんが頑張らないといけません。
こういった頂点の人は、いろいろなブレーンがついているとはいえ、決断して実行する責任は全てその人一人にかかってきます。
孤独な仕事だなと思います。

とはいえ、私たち一人一人も、毎日まいにち、自分で決めて自分で生きています。いやな決心も結局は自分で決めたことなので、自分で責任を取るしかありません。誰か他の人が悪いんだと思うと、ある意味で楽かもしれませんが、うらみつらみも抱いてしまってそれでは本当の意味では楽になれません。
そういう意味では、誰しもが一人、孤独なのだといえます。だからと言って、周りと絶縁してよいわけではなくて、
ちゃんとやり取りをした上で、自分のことは自分の心の中で処理をするということです。

よく考えると難しいんです。自分を振り返ると、必ず誰かに依存し、誰かのせいにしていることに気がつきます。

2008/11/7(金)の日記より



京都 白沙村荘
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック