駅前の標語

駅とか市役所とかの前に、「マナーを守りましょう」とか「全市民納税何とかの町」といった看板とかが掲げられていることがあります。あれを見ると、このあたりでは、マナーが悪いのだな、脱税でもあったのかと思ってしまいます。「*****しましょう」といって守られるのであれば、言わなくても守られているはずで、ああいう看板は逆説的だし税金の無駄遣いだと思います。

会社でも、「ルールを守りましょう」と書かれている職場は、良い職場とは言えないのではないかと思います。おそらく守らない人がいるから、そう書いてあるのですし。やるべきことは、そのルールが何故あるのか、その意図や目的をきちんと説明して、みんながそれを理解していて、そして掲示されているものは、ごみの捨て方とか、設備の使い方や危険性などの説明、つまり作業手順とか5Sの改善報告とかだと思います。

であれば市役所の前には、税金を取る目的や使い道をちゃんと書いたりしたほうがいいと思います。

ところで、市役所や、警察署などに行かれた時に、カウンターの向こうの事務室の様子を観察してみてください。ものすごく乱雑で、紙や物が山積みになっているところがあります。あれでは効率よく仕事はできません。本当にものすごいところがあります。考えられない乱雑さ。極めて悪い例として一見の価値があると思います。


2009/2/12 の日記より。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック