妄想性障害

統合失調症でも、妄想はありますが、統合失調症の妄想は、ちょっとあり得ないような妄想が多いと思います。

私の兄は、自分は織田信長の直系の子孫であり、かつ、藤原鎌足の直系の子孫だ、と言っていました。どのように論理的に説明して、否定しようと、納得はしませんでしたし、まあ、
本人がそれで良いのであれば、実害はないので、へえ、そうなんだ、と、いつも聞いていました。
巨額の資産がどこかに隠されているとも言っていました。

確かに、「小倉家」は、藤原から出ているようで、私の知らない小倉の本家は、大きなおうちだそうですし、また、我が家の家紋は、「丸に檜扇」という珍しくて、公家にふさわしいものではあります。
でも、我が家は藤原の「直系」ではありませんし、「織田家」とは、何の関係もありません。
そして、我が家は貧乏です。

妄想性障害の人は、このような突拍子もない妄想は抱かないそうで、ちょっと聞いただけでは病的かどうかわかりにくい妄想を抱くのだそうです。

以下に分類を示します。

色情型:自分が他者から愛されているという妄想を抱く。自分中心的な愛情や
     心のよりどころを求める。社会的地位の高い人が対象になったり
     見知らぬ人を対象にしたりする。電話、手紙、訪問、監視などをすること
     から、ストーカーになってしまうこともある。

誇大型:自分はすばらしい能力を持つ、偉大な功績を残した、など
     自分はすばらしいという誇大妄想を持つ。

嫉妬型:つれあいが不倫をしている、浮気をされている、嫉妬を抱く。
     証拠はないのに、こじつけて嫉妬する。阻止する行動に出ることがある。

被害型:だまされている、陥れられている、見張られている、嫌がらせされている
     など、被害妄想を持つ。裁判沙汰になったり、
     暴力沙汰になることがある。

身体型:からだの機能や知覚に異常があるという妄想を持つ。臭うのではないか、
     顔が変なのではないか、病気にかかっているのではないか、など、
     自分はどこかがおかしいと妄想する。

このように、普通の人にもありそうな妄想をだくそうですが、これが継続的で、
日常生活に支障が出るようになると、病的だと考えざるを得ません。
大きな問題になったり、犯罪につながる可能性もあり、
カウンセリング以前に、病院での治療が必要だと言えます。

                                     小倉   心の相談 in BASE

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

めい
2013年10月25日 22:06
ブログを拝見させていただきました。実は、兄がこの妄想性障害です。いつも誰かに家に侵入されるのではないかという不安があるらしく家の鍵を何度も変えたり防犯カメラを取り付けたり(すべて両親がお金を出しています)と常軌を逸しています。外出している際に誰かが自分の(兄の)ポケットから鍵を奪い、家に入り、何食わぬ顔をして再び(兄の)ポケットに戻したのかもしれないなどと言い出します。また、最近では、鍵自体を疑い出し、鍵屋なら自分の家の鍵を持っていて開けられるのではないか、などと言い出しました。そのため、誰か一人は必ず家にいなりません。家の鍵を7~8回変え、防犯カメラをつけたりと経済的にもかなり家族を困らせますが、暴れたり喚いたり物を壊したりするので言いなりになってしまっています。母に全ての要求を脅迫するように訴えているため母は疲労困憊し欝のようになってしまいました。私としては、病院に行って治療して欲しいのですが本人が世間体を気にするためか、病識がないのか一向に行こうとしません。学校には行っており、社会生活もなんとか送れているため強制入院はかわいそうというのが両親の考えなのです。
2013年10月25日 22:44
めいさん。
病気の自覚がないのが、妄想を伴う病気の特徴でもあります。病気だと思わなくとも、苦しさはあるかもしれません。大きな精神科を受診して下さい。投薬治療で必ず良くなります。ただ、薬を飲むことも拒まれると思います。きちんと治療するためには、入院がよいかもしれません。本人の為にすることです。まずは精神科の 医師に相談して下さい。
2013年10月25日 22:53
妄想がある病気は本人に自覚がないのが特徴です。自覚がないからといって軽い訳ではないので、医師の診断が必要です。ご本人も苦しいと思います。
投薬治療で必ず良くなります。ただ、病気の自覚がないと、薬を拒まれます。いっそのこと入院するほうがよいかもしれません。いずれにしても、本人の為です。
何から始めてよいかわからない時は、精神科の医師や保健所に相談して下さい。時間を引き伸ばすのはよくありません。早く治療することが早く治る近道です。
2013年10月25日 22:57
めいさん。
コメント、ふたつ書いてしまいました。同じことが言いたいだけなので、お気になさらないで下さい。
めい
2013年10月26日 13:26
とても優しいお返事をいただきありがとうございます。昔まだ兄の妄想がそれほどでなかった頃に母同伴で精神科に数回通ったことがあるそうですが、治療に意欲的でなかったからか、すぐにやめてしまったそうです。母は、投薬も考えたけれど薬の副作用で欝になる心配があると聞いてやめてしまったと言っていました。私は、今その判断は間違いだったと思いますが、今となっては仕方ありません。家族は、無理難題を言われてもただただ、それに従い、その場しのぎの解決法に頼るだけで何も解決していません。しゅんたろうさんがおっしゃるように今度こそ病気の根本的な治療を行って行かなくてはいけないと思っています。本当に親身に考えていただきありがとうございます。
2013年10月26日 14:39
めいさん。
読んで下さったのですね。ありがとうございます。
過去に治療をあきらめたのは、その時はその時に一生懸命に考えて判断なさったことでしょうから、それで良いと思います。
これからどうするかが大事ですね。投薬や入院は、それで本当に治るのか、不信感をお持ちになるときもあるかもしれませんが、そういうことも医師とよくご相談になって、家族みんなでお兄さまの治療をするんだという決意で進んでいかれてはどうかと思っています。
でも、めいさんやご家族がご無理をなさっては、元も子もありません。できる範囲で頑張られるのが良いと感じます。
お兄さまが良くなられることをお祈りいたします。

この記事へのトラックバック