「うつ」が治っていく経過(その3)

仕事を休職すべきかどうか

仕事を休職する場合、1、2ヶ月にしておくのが無難です。
半年、一年と休んでしまうと、その間は、本当に引きこもり状態になってしまいます。
投薬治療がうまくいっているのであれば、休職は しないか、しても短くする方が
良いと思います。とはいえ、無理矢理、復職しても、また悪化して休職することになる
場合もあるでしょうから、医師とよく相談することと、
家族等、日常的に接している人から見てどう見えているのか、聞いてみることも
よいアドバイスになると思います。

私の場合、休みたいと思いながらも、休職せずに6年ほど過ごしました。
初期段階で休めば良かったのですが、仕事を優先してしまい、悪化させたように思います。
そして、組織異動をすることになって仕事ががらっと変わるタイミングで、
「休むなら今しかない」と思い、休職をしました。
すぐに復帰しようと思いつつも、毎日寝て過ごすような生活になり、
もう一ヶ月、もう一ヶ月と延長して、結局一年近く休みました。
休んでいる間、一日のほとんどを寝て過ごし、たまにぼんやりテレビを見ているだけでした。
そうしているしか出来ませんでした。とにかくしんどい。テレビも面白くはないのですが、
趣味などはする気力もなく、このまま廃人になってしまうのではないかと、
思うような毎日でした。

ですから、仕事をしていれば、このような状況に陥ることはおそらくなく、
休んで何もしなくてよい状態になったため、
何もしなくなったと思われます。

心の相談室 小倉




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック