TOMIXパワーパック分解 Power Unit 5503ES

中古で同じパワーパックを2台 入手しました。

TOMIX Power Unit 5503 ES

一台はちゃんと動作するのですが、外観が茶色く変色しています。

もう一台は、外観はきれいなのですが、入手時点で電源コードが根元からパッチンと

カットされていて、動作するのか?疑問。

なので、中身を入れ替えました。

ついでに、外した基板を見たら、すごいシンプルな回路!

整流はしているが、平滑していない。まあ、確かに、PWMで動かしたりするのだから

電源波形が波打ってようと、どうでも良いのかもしれないけれど。


画像


画像


画像



この記事へのコメント

かずりん
2018年01月05日 00:38
どうやってカバーを外したのですか?
2018年01月08日 16:08
1.速度調整のツマミを引き抜く。
2.底面の4箇所のネジを外す。
と、上(青色)と下(黒色)が外れます。

速度調整のツマミはボリュームの軸にささっているだけなのですが、とても抜けにくかったです。本体とツマミのすき間にいろいろな方向からマイナスドライバーを入れて、こじって抜きました。本体側に傷がついたり、ツマミの下側にへこみができたりしますし、あまりに抜けないので力を入れすぎて怪我をしそうになったりしましたので、時間をかけてゆっくりやるほうが良いです。
上(青色)と下(黒色)はネジさえ外せば簡単に取れましたが、硬いときはマイナスドライバーでこじることになると思います。この時も傷やへこみができてしまうのと、怪我には注意してください。

この記事へのトラックバック