スキゾイドパーソナリティ障害、シゾイドパーソナリティー障害

●特徴
・英語でSchizoid personality disorderなので、日本語読みは「スキゾイド」または「シゾイド」。日本語では統合失調症質パーソナリティー障害。
・人と接触したがらない、孤独が好きで、一匹狼的。友達も異性もいらない。傷つきたくないから一人でいるのではなく、そもそも一人が好き。
・物静かであっさりしていて、そういう暮らしぶり。贅沢はしない。ものにこだわらない。
・外見を気にしないが、感性や自分の趣味はすごい世界を持っていたりする。
・俗世間的なことはまったく好きではない。隠れ人、遁世生活を送りたい。
・無欲、禁欲的でプラトニック。高い精神性があり、精神の中に住んでいるよう。
・性的なことにも興味なし。友情もいらない。
・会話をして、うなずいたり、ほほえんだりしない。感情的な交流をもたない。
・知識や情報に対して、内容の高さ、量の豊富さ、深さ、こだわりはとても強い。
・思索的で芸術性がある、ときには宗教的霊性が強いこともある。興味関心が合う人とは、深い話ができる。
・豊かな内面を持つが、他人に深く立ち入って欲しくない、自分だけの世界を邪魔されたくない。繊細、敏感。
・コンピューターが好きで高度なプログラムを作ったりする。これを仕事にしている人も多いらしい。
・子どもの時からすでにこのような傾向があるようで、生育環境と言うよりはもともとそう。
●原因
統合失調症の性質を持っているためか。遺伝によるものかもしれない。統合失調症の発症前や治った後のようなイメージ。だからといって、病気ではない。
●簡単な基準(全部当てはまると言うことではなく、半分以上当てはまるものがある)
・親密な関係を持ちたがらない。そういうことを楽しいと思わない様子。
・選ぶなら、孤立や孤独。
・性体験に興味がない。あっても少しだけ。プラトニック。
・やって嬉しくなるようなことはやらない。
・仲の良い友達がいない。
・褒められたり、批判されたりに関心がない。強い感情の動きが不快なので避ける。
・冷たい、よそよそしい、感情の起伏を見せない。
●周囲の人の対応
・変わらせようと思わない。良い面を伸ばしてあげる。できないことはサポートを。
・本人の持つ聖域に土足で踏み込まない。尊重する。
・遠い目の距離感で淡々と接する。
・プライベートなことを深く聞かない。本人は真面目なので答えてしまうが、実は嫌な気持ちになっている。
・親しさを求めない。
●治すには
・気の合う人、理解してくれる人とだけつきあう。
・自分の特徴に合う生活や暮らしをし、向いている仕事をして、楽しみながら世の中に認められる形をとる。
・仕事は、孤独に取り組めるもの、黙々と取り組めるもの、深く追求するものを選ぶと良い。
・自分の性質は天性なので、否定する必要はない。良いところ、人の役に立つところを伸ばす。
●DSM-IV-TR
DSM-IV-TRでは次の診断基準のうちの少なくとも4つ以上を満たすことで診断される。
家族を含めて、親密な関係をもちたいとは思わない。あるいはそれを楽しく感じない
一貫して孤立した行動を好む
他人と性体験をもつことに対する興味が、もしあったとしても少ししかない
喜びを感じられるような活動が、もしあったとしても、少ししかない
第一度親族以外には、親しい友人、信頼できる友人がいない
賞賛にも批判に対しても無関心にみえる
情緒的な冷たさ、超然とした態度あるいは平板な感情




心の相談室 小倉






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック