「アホと言うやつがアホ」なのか


よく子どもが、「アホて言うやつがアホなんや!」と

ばかにされると反論しますが

結構これは鋭い指摘だと思います。

人は自分を平均以上だとか優れていると思いたい傾向があります。

でも、ダメなところもたくさんあって、

それを実は全部気がついているんですが

認めてしまうと苦しいので、無意識に押し込めて

意識の上では自分は優れていると思うことにするんです。

無意識の中では自分はアホだと知っていると

そのアホな言動に注意が向き、

それを自分に振り向けないで

無理やり他人のことをアホと考えます。

そうして自分が平均以上であるという考えを

補強します。

これが「アホて言うやつがアホ」の中身です。


こころの相談室 小倉





アホの壁 (新潮新書)
新潮社
筒井 康隆

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アホの壁 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





"「アホと言うやつがアホ」なのか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント