テーマ:生きる

人の心に印象を残す

私は、話もうまくないし、気の利いたこともいえないから、相手の記憶にあまり残らないようです。仕事をする上では、コネクションは大切なことなのですが、うまく行きません。話す内容がくだらないのか、相手を食いつかせるセールストークできていないんだとおもいます。時々大きな会合に参加しても、こちらは覚えているけども、相手はこれは[誰だったかな」という…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

このブログを見てくれる人たちにありがとう

ちょくちょくブログを更新していますが、ウェブリブログのレポート機能によると、毎週日曜は何百人かの人がアクセスしてくださっているようです。読んでくれている人がいるのだなと思うと、うれしいものです。納得して読んでくださっているのか、それとも、訳の分からないことを書いていると思われているのか、それは分かりませんが、好き嫌いのどちらでも、認識し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顧客満足の裏側

少し前にも同じようなことを書きましたが、会社では、顧客満足と従業員満足を最上の価値観として経営をすると経営TOPの方々がおっしゃっています。最近は、類似のことがいろいろな企業で実行されているのか、接客担当だけでなく、ほかの仕事をしている人も、愛想がいいし、きちんとしている。柳原加奈子がまねしているような、おかしな店員ではなく、そこそこ良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分を映す鏡

あの男はだらだらしていて、ちょっと注意すると逃げてタバコを吸いに行きやがって、とか、あの女は何かあれば泣けば済むと思ってる、あー気に入らない、とそういうことをよく思っていたことが以前はありました。そういう風に人を見ている自分は、おそらく「自分は正しい」と思っていたと思います。どう考えても自分の考えは間違っていないし、おかしくもない。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己責任

自由には責任が伴う、とはよく言われていることです。自分が何をしようと自由である代わりに、そのことで起きることには自分で責任をとる、というようなことです。これが正しいと思っても、周りが賛成してくれない時などに、自分の意志でそれを決行する、でもそれで、とんでもない結果が起こってしまったら、それについては責めを負わなければならない。 こ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人間関係

会社、学校、家庭、ご近所など、誰でも多くの人間関係を抱えています。山に籠って一人で修行している人でも、そういう世俗を自分から取り払おうとしている限り、人間関係の中にいるといえます。 そして、面白いことに、ある人間関係は楽しめるのに、別の人間関係は楽しめないとか、ある人は、あらゆる人間関係を苦痛に感じ、またある人は、人間関係をうれし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後悔の意味

何らかの見込みがあって、こうしてみようと思うことを実行したとして、その結果が全く違うことになった場合、なぜそんなことをしたのだろうと悔やんでも悔やみきれない気持ちになるものです。 でも、実行したときはそれでよいと決めたのは自分です。かりに自信は持てないけどしかたない、十分に検討してはいないが、まあいいか、であっても自分で選択したと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内と外

内と外という日本人によく言われているものの考え方があります。家とその外、身内とそれ以外、仲間とそれ以外、などで区分けする意識のことですが、どうやら一定の決まった状態ではなくて、その時その時のその場によって、自分の中に入れたり、外に出したりして決まるようです。 友達だと思っていた人になんだか裏切られたようなとか、そういう場合も上記の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時間

光の速さで移動すると時間が止まるというのが、アインシュタインの一般相対性理論に出てくることはご存知の方も多いと思います。ここでは相対性理論の話がしたいのではなくて、べつにすごい速さで移動しなくても、子供と大人では時間の進み方が違うと思います。小学校の6年間はすごく長かったけれど、20歳過ぎてからの毎年はすぐ過ぎていくというようなことは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気と病人

体の調子が悪いと気持ちも、ちじみがちですが、病は気からなのか、病から気なのか、冷静な気持ちがどこかにありつつも、体調が悪いとその部分もなくなりがちなので、やはり、病から気なのではないかと思ってしまいます。ふつうは逆ですけどね。両方のバランスが取れないといけませんね。 2008年11月17日 病は気から 昨日書いたことに対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべては自分の選択

ニュースで、「父親に怒られたのでイライラして人を殺そうと思った」という話がありました。怒った当の父親を憎まずに関係のない人を殺すという脈絡が理解できませんが、父親には反抗できなかったのでしょう。たとえどんなに混乱した状態でも、考えて出した答えは本人にとってはその時点では正しいことと思えたから、そうしたのでしょう。周りから見て正しいと思え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more