テーマ:カウンセリング

「アホと言うやつがアホ」なのか

よく子どもが、「アホて言うやつがアホなんや!」と ばかにされると反論しますが 結構これは鋭い指摘だと思います。 人は自分を平均以上だとか優れていると思いたい傾向があります。 でも、ダメなところもたくさんあって、 それを実は全部気がついているんですが 認めてしまうと苦しいので、無意識に押し込めて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめられにくい子どもになるために

誰でもいじめられる可能性はあるものの、 いじめをそこで止めてしまうにはどうすればよいか、 それを知っておくのは大事なことだと思います。 なぜいじめられるのか、よりも なぜいじめるのか、いじめる側の気持ちを考えると いじめられなくなるためのヒントがあると思います。 ●なぜいじめるのか? ・泣いたり叫んだり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どものいじめ防止

インターネットは子供たちのいじめの場になっています。 対面では何も言わなくても、 ネットにあることないことを書かれてしまう。 裏サイトのような、一般の人が見ることはできない 閉じたサイトで、仲間内の情報をやりとしていることもあるそうです。 いじめる子どもと いじめられる子どもは 決まっているのではなく いついじめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11の数字でわかる あなたも「うつ」になるかもしれない可能性

世界人口の約5%はうつ病だと言われています。 学校の1クラス、 会社の1部署、 10戸ほどのマンション1軒、 10軒ほどの町内ひとつ、 駅のホームにいる時に半径数メートルの人たち、 人で混んでいる商店街で30秒ぐらいの間にすれ違った人たち、 その中には 2、3人ぐらいは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演技性パーソナリティ障害

今回は演技性パーソナリティ障害についてです。 ●特徴 ・他人を魅了するような行動を取り、また驚かしたり注意をひきつけたりして、とにかく注目を集めたがる。その時の方法として、自分自身をおとしめることもいとわない。自己愛性パーソナリティの場合は自分は賞賛される素晴らしい人間として注目されたがるのとは、ここがちがう。 ・女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境界性パーソナリティ障害

●特徴 ・いわゆる「ボーダーライン」と呼ばれているもののこと。 ・この「ボーダーライン」という言葉は誤解を生んでいて、精神病と健康の中間などと勘違いされている。 ・なにがどう境界なのかというと、人は正常な状態でも、空想や妄想でなんでも自在になる世界と現実において目の前の不安を受け止めながらもその中を生きていける自分に自身を持ちなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反社会性パーソナリティ障害

●特徴 ・他人から奪い取ることを気にしない。 ・他人への共感はない。 ・人を信じるのは格好が悪いことだ。 ・なぜなら人は裏切るものだから。 ・ルールを軽く見る、敵視する、タブー(やってはいけないこと)がない、持たない。 ・場当たり的で、アウトローのような感じ。 ●原因 ・受け入れられるという経験がなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統合失調型パーソナリティ障害

●特徴 ・失調型パーソナリティー障害ともいう、英語でスキゾタイパルSchizotypal personality disorder。パーソナリティー障害ではあっても、統合失調症が発症していない状態で、遺伝的な影響が大きいと言われている。 ・精神性が高い、一方で非現実的。 ・ユニークな思考、直感をもち、それが日常生活や行動に表れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキゾイドパーソナリティ障害、シゾイドパーソナリティー障害

●特徴 ・英語でSchizoid personality disorderなので、日本語読みは「スキゾイド」または「シゾイド」。日本語では統合失調症質パーソナリティー障害。 ・人と接触したがらない、孤独が好きで、一匹狼的。友達も異性もいらない。傷つきたくないから一人でいるのではなく、そもそも一人が好き。 ・物静かであっさりしていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーソナリティー障害に関する記事を読むときの注意点

どのパーソナリティー障害でも言えることだが、 「このような性格である」、ということと、 「障害である」、ということの違いは、 特にそういう傾向がひどく現れていて顕著だというだけではなく、 病的で社会生活に支障があり医師がそのように診断する ということである。 誰にでもパーソナリティーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妄想性パーソナリティ障害

妄想性パーソナリティ障害 Paranoid personality disorder ●特徴 ・いろいろなあること無いことを想像して、思いついて、考えてイメージをふくらませて、その考えに取りつかれてしまうために、人が信じられない、信じたいのに信じられない。 ・疑うことが頭から離れないが、実は本人も苦しい。相手からすれば、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーソナリティー障害

パーソナリティー障害は、ものごとの理解(認知)、感情、対人関係、何かを言ったり行動したりするときの心の動き(衝動性)に偏りがある、精神の機能の障害をいう。 若い時期に始まっており、症状が持続的で長期にわたっていることと、他の精神疾患がないことや、身体疾患が原因でないときに、パーソナリティー障害と診断される。 心の働きに柔軟性がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若い人にひろがる新型うつ

新型うつ病とは、 ・若者を中心に増加している ・言葉は、マスコミの造語 ・学術的には確立していない ・日本独自 なのだそうです。 新型うつの特徴は、 ・症状は軽い ・抑うつ気分は普通の感覚に近い ・よいことがあると、パッと元気になったりする ・何に悩んで落ち込んでいるのか、周囲がきいて理解できる …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

相談者さんの声

ご相談をお受けした後で、 今日はお疲れ様でしたと、 メールを送ります。 しんどい、つらいとおっしゃっている人に  その話をさせるのですから、 嫌なことを思いだした人もいると思うので、 返ってしんどくなっていませんかと、 心配だからです。 すると、多くの人からは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その7)

「うつ」の再発 だいぶよくなったなと、思っていても、 何かのきっかけで、悪化することがあります。 昔のように仕事を頑張った 誰かに心ないことを言われた いろいろと考えてしまった 薬が合わない、勝手にやめた いろいろあると思います。 「うつ」は、一度なった人にとっては自覚症状があるはずです。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その6)

「うつ」は必ず治る 治らないものとあきらめたら、治りません。 実際に治っている人は多いですし、 ちゃんと治ります。 そのために、治療と規則正しい生活を維持しましょう。 睡眠は特に重要です。仕事をしながらであれば、 もちろん、早く寝ましょう。9時、10時には寝て、 できれば8時間ほど睡眠を取ってください。 土日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その5)

仕事復帰後の「うつ」 復職して、すこしづつ仕事が出来るようになってはきたものの、 仕事上、目立った成果は上げられない50歳を過ぎた私に、 再度、役職のポストはありませんし、会社は55歳になれば、 そもそも役職定年ですから、 会社にいる意味が感じられなくなり、退職しました。 仕事を辞めるというのは、人によって、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その1)

「うつ」にかかってしまい、そして治療していく経過は、 人それぞれではありますが、 私の経験したことなどを数回に分けて書いてみたいと思います。 「うつ」の発症 発症する時は、何となく「うつ」になっていくと言うよりは、 きっかけになる出来事があります。 そのためだけで、「うつ」になるわけではないのですが、 「うつ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい仕事、嫌な仕事

仕事と言えば、「やらされるもの」、「やらなければいけないもの」という、 やらされ感でいっぱいのものだと思っていることが多いと思います。 嫌々やる仕事は、面白くないし、ダラダラとやるので、 効率も悪いし、結果も出にくい。 私は技術屋でしたが、 技術屋が「こんな事出来ない」、「面白くない」と思っていることは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生は楽しいのか?!

生きていることに苦痛を感じている人はいませんか。 何でこんなことしないといけないんだろう、 他にも人がいっぱいいるのに、なぜ私なんだろう、 彼(彼女)はいいよなあ、楽そうだし、楽しそうだし。 どうせ俺はいつも一人だし、自分なんか別にいなくても、 誰も迷惑なんかしないよ。 こういう気持ち、自分だけがそう思っていると感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

睡眠に関する情報

最近よく目にする情報に、朝起きたときには、日光や明るい光をあびて、 体内時計をリセット、リスタートさせなさいという話です。 意図的に浴びることが出来ない場合は、 カーテンを開けて寝ると良いと言うことになっているのですが、 そうすると、早朝、五時半ぐらいから明るくなり始めるので、 それで目覚めてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死にたい、と思っていませんか

私自身、うつの経験者です。 一番病気が激しかった時期は、希死念慮もありました。 「死にたい」気持ちの方は、「これは病気が死にたいと思わせているのだ」という 自覚があったので、自死はしませんでした。未遂もありません。 自分が「うつ病である」と言うことを自覚するのは、それほど抵抗がなかったせいで、 「死にたい」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妄想性障害

統合失調症でも、妄想はありますが、統合失調症の妄想は、ちょっとあり得ないような妄想が多いと思います。 私の兄は、自分は織田信長の直系の子孫であり、かつ、藤原鎌足の直系の子孫だ、と言っていました。どのように論理的に説明して、否定しようと、納得はしませんでしたし、まあ、 本人がそれで良いのであれば、実害はないので、へえ、そうなんだ、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

兄の統合失調症の症状

まとまりがないですが、統合失調症に関する症状について、書いておきます。 統合失調症の病型は、妄想型、解体型(破瓜型)、緊張型、鑑別不能型、残遺型の5つがあるといわれています。統合失調症にかかっている人が、これらのどれかひとつに分類されたり、複数にわたることもあるそうです。 妄想型は、名前のとおり、妄想や幻聴がでるものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄の死<自死遺族>その10

兄が精神病院から退院したところからの話です。 まず、退院に先立って、退院後の生活をどうするか、生活指導の方と兄とで相談をしました。 このときに、両親は、兄のDVを怖がってすでに老人ホームへ入居していましたので、 兄は一人で暮らさねばなりませんでした。 統合失調症は、退院できるレベルになったとは言え、寛解したわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄の死<自死遺族>その9

病院へ入院した兄の話です。 当初は隔離病棟に入りました。 隔離病棟は、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、 医師や看護師さんがおられる奥に、カギのかかったドアがあり、 その奥が病棟になっていて、廊下がまたあり個室が並んでいます。 面会に行くときは、医師の了解をいただいて、中へ入ります。 面会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄の死<自死遺族>その8

兄は常にいらいらしていました。メジャートランキライザーを飲んでいた副作用なのか、 飲まないために、病気が進行していたのかは、正確には分かりませんが、 おそらくは後者だったように思います。 木刀を持ち歩いていた兄は、団地の中の細い道を徐行してした、通りすがりの車の ボンネットを、その木刀で叩きました。 当然、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄の死<自死遺族>その7

いろいろな免許の取得を、親に邪魔されたと思い込んだ兄は、両親に当たるようになりました。 木刀のようなものを常に持ち歩き、父親を小突き始めました。 ある日、母親は転んで足の骨をおりました。「転んで折れた」と、母親は言っていましたが、本当のことはわかりません。とりあえず、母親は病院へ入院しました。 そうすると、父親への暴力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄の死<自死遺族>その6

精神障害者支援施設の事務としてつとめていた兄は、結局は、所長をそれが合わなくなり、おそらくその原因が、統合失調症の悪化であったろうと思います。 仕事を辞めた兄は、何とか生きていくために、郵便局などでアルバイトを始めました。それほど収入があるわけでもないので、手に職をつけると言うことで、自動車の2種免許やフォークリフトの資格を取り始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兄の死<自死遺族>その5

兄は、40歳前ぐらいから、精神障害者の自立支援をする施設で働くことになりました。 本人も、統合失調症を抱えてのことでしたが、当初は順調のようでした。 支援所は、所長さんともうひとりぐらいの方と、兄で運営されていました。そこへ、精神障害者の方が通ってこられて、簡単な工芸品などを作ります。経営的には、都道府県からの補助金がなければ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more