テーマ:うつ

11の数字でわかる あなたも「うつ」になるかもしれない可能性

世界人口の約5%はうつ病だと言われています。 学校の1クラス、 会社の1部署、 10戸ほどのマンション1軒、 10軒ほどの町内ひとつ、 駅のホームにいる時に半径数メートルの人たち、 人で混んでいる商店街で30秒ぐらいの間にすれ違った人たち、 その中には 2、3人ぐらいは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境界性パーソナリティ障害

●特徴 ・いわゆる「ボーダーライン」と呼ばれているもののこと。 ・この「ボーダーライン」という言葉は誤解を生んでいて、精神病と健康の中間などと勘違いされている。 ・なにがどう境界なのかというと、人は正常な状態でも、空想や妄想でなんでも自在になる世界と現実において目の前の不安を受け止めながらもその中を生きていける自分に自身を持ちなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反社会性パーソナリティ障害

●特徴 ・他人から奪い取ることを気にしない。 ・他人への共感はない。 ・人を信じるのは格好が悪いことだ。 ・なぜなら人は裏切るものだから。 ・ルールを軽く見る、敵視する、タブー(やってはいけないこと)がない、持たない。 ・場当たり的で、アウトローのような感じ。 ●原因 ・受け入れられるという経験がなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキゾイドパーソナリティ障害、シゾイドパーソナリティー障害

●特徴 ・英語でSchizoid personality disorderなので、日本語読みは「スキゾイド」または「シゾイド」。日本語では統合失調症質パーソナリティー障害。 ・人と接触したがらない、孤独が好きで、一匹狼的。友達も異性もいらない。傷つきたくないから一人でいるのではなく、そもそも一人が好き。 ・物静かであっさりしていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーソナリティー障害に関する記事を読むときの注意点

どのパーソナリティー障害でも言えることだが、 「このような性格である」、ということと、 「障害である」、ということの違いは、 特にそういう傾向がひどく現れていて顕著だというだけではなく、 病的で社会生活に支障があり医師がそのように診断する ということである。 誰にでもパーソナリティーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妄想性パーソナリティ障害

妄想性パーソナリティ障害 Paranoid personality disorder ●特徴 ・いろいろなあること無いことを想像して、思いついて、考えてイメージをふくらませて、その考えに取りつかれてしまうために、人が信じられない、信じたいのに信じられない。 ・疑うことが頭から離れないが、実は本人も苦しい。相手からすれば、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーソナリティー障害

パーソナリティー障害は、ものごとの理解(認知)、感情、対人関係、何かを言ったり行動したりするときの心の動き(衝動性)に偏りがある、精神の機能の障害をいう。 若い時期に始まっており、症状が持続的で長期にわたっていることと、他の精神疾患がないことや、身体疾患が原因でないときに、パーソナリティー障害と診断される。 心の働きに柔軟性がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若い人にひろがる新型うつ

新型うつ病とは、 ・若者を中心に増加している ・言葉は、マスコミの造語 ・学術的には確立していない ・日本独自 なのだそうです。 新型うつの特徴は、 ・症状は軽い ・抑うつ気分は普通の感覚に近い ・よいことがあると、パッと元気になったりする ・何に悩んで落ち込んでいるのか、周囲がきいて理解できる …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

相談者さんの声

ご相談をお受けした後で、 今日はお疲れ様でしたと、 メールを送ります。 しんどい、つらいとおっしゃっている人に  その話をさせるのですから、 嫌なことを思いだした人もいると思うので、 返ってしんどくなっていませんかと、 心配だからです。 すると、多くの人からは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その7)

「うつ」の再発 だいぶよくなったなと、思っていても、 何かのきっかけで、悪化することがあります。 昔のように仕事を頑張った 誰かに心ないことを言われた いろいろと考えてしまった 薬が合わない、勝手にやめた いろいろあると思います。 「うつ」は、一度なった人にとっては自覚症状があるはずです。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その6)

「うつ」は必ず治る 治らないものとあきらめたら、治りません。 実際に治っている人は多いですし、 ちゃんと治ります。 そのために、治療と規則正しい生活を維持しましょう。 睡眠は特に重要です。仕事をしながらであれば、 もちろん、早く寝ましょう。9時、10時には寝て、 できれば8時間ほど睡眠を取ってください。 土日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その5)

仕事復帰後の「うつ」 復職して、すこしづつ仕事が出来るようになってはきたものの、 仕事上、目立った成果は上げられない50歳を過ぎた私に、 再度、役職のポストはありませんし、会社は55歳になれば、 そもそも役職定年ですから、 会社にいる意味が感じられなくなり、退職しました。 仕事を辞めるというのは、人によって、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その4)

「うつ」の仕事復帰 何もしなくてよかったし、何も出来ない状態から復職するのは 非常に厳しいものがあります。 復職した時は、本当に簡単な仕事でさえ、うまく出来ず、 自分自身で、「こんな事も出来なくなったのか」とショックでした。 一日中、会社の机にぼやっと座っていました。 他の人から見れば、サボっているとしか写らなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その3)

仕事を休職すべきかどうか 仕事を休職する場合、1、2ヶ月にしておくのが無難です。 半年、一年と休んでしまうと、その間は、本当に引きこもり状態になってしまいます。 投薬治療がうまくいっているのであれば、休職は しないか、しても短くする方が 良いと思います。とはいえ、無理矢理、復職しても、また悪化して休職することになる 場合も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その2)

「うつ」の重傷化 もっと頑張ろうと思って、あがく期間が長ければ長いほど、「うつ」は、重傷化します。 ほっておくと、どんどん深みにはまります。 私は、一年間放置してしまい、「うつ」の気分的な症状がやわらいで、 体のだるさや、肩の凝り、腹痛、頭痛など、身体的症状がひどくなりました。 「仮面うつ」になっていたのかもしれません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「うつ」が治っていく経過(その1)

「うつ」にかかってしまい、そして治療していく経過は、 人それぞれではありますが、 私の経験したことなどを数回に分けて書いてみたいと思います。 「うつ」の発症 発症する時は、何となく「うつ」になっていくと言うよりは、 きっかけになる出来事があります。 そのためだけで、「うつ」になるわけではないのですが、 「うつ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生は楽しいのか?!

生きていることに苦痛を感じている人はいませんか。 何でこんなことしないといけないんだろう、 他にも人がいっぱいいるのに、なぜ私なんだろう、 彼(彼女)はいいよなあ、楽そうだし、楽しそうだし。 どうせ俺はいつも一人だし、自分なんか別にいなくても、 誰も迷惑なんかしないよ。 こういう気持ち、自分だけがそう思っていると感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死にたい、と思っていませんか

私自身、うつの経験者です。 一番病気が激しかった時期は、希死念慮もありました。 「死にたい」気持ちの方は、「これは病気が死にたいと思わせているのだ」という 自覚があったので、自死はしませんでした。未遂もありません。 自分が「うつ病である」と言うことを自覚するのは、それほど抵抗がなかったせいで、 「死にたい」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休み明けを意識した長い休みの過ごし方

長い休みは、休みに入るとうれしくなるものですが、休みが後半になってくるとだんだんと、また会社に行かなくてはならないと、不安になるものです。よくいわれる「サザエさん症候群」のようなものです。 休み中は、ついつい、夜更かしをしたり、朝はゆっくりになったりして、普段と違う生活パターンになってしまいます。そうすると、休み明けに、元の生活に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦記念日と領土侵犯とうつとお盆と

長いお盆休みでしたが、休みは始まりがあれば、終わりがあるのはわかっていることなので、始まる前から憂鬱にならないように、平常な心でいることに心がけました。休み中も出勤日と同じ時間に起きて、出勤日と同じ時間にねるようにしています。 そんなこんなで過ごしているうちに、竹島にはイ・ミョンバク大統領が不法に上陸し、尖閣諸島には香港の中国人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北方領土

間違っていたらすいません。 1945年、太平洋戦争について、ポツダム宣言を受け入れたときに、日本の領土の北側は、 ①樺太の南半分 ②カムチャッカ半島までの千島列島全部 だったはずです。北方領土返還を4島の話しかしないのはおかしいと思います。 当時のソ連(今のロシア)は、ポツダム宣言受諾後の日本に進行しているし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌なこと

日曜の夜、達成イメージを具体的に示さない上司、仕事の話しかしない仕事仲間、夜に眠れないこと、朝早く目覚めること、何をすればいいのかわからない仕事、時々呼びつけて抽象的なことしか言わない上司、権限がないのに責任があるように言う上司、次の会議はどう進めるか聞いてくるくせに会議をぶち壊す上司、夜は眠れません!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土曜の夜は楽ですね

テレビを見たり、ギターを弾いたりして、落ち着いていられます。 仕事が少しややこしくなって来ました。辞めたい気持ちが日々膨らんできますが、 収入とかを考えると、そんなことはできないです。 自分はどこへ向かえばいいのかわかりません。 同じような病気で苦しんでる人を助けるような仕事がしたいと、 いつも思うのですが、自分が潰れそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また休み明け

ゴールデンウィークが終わりますね。なが休み明けは、いつもつらいので、もう当たり前になっていますが、わかっていても、しんどいものは、しんどいです。今日は早めに寝て、明日は、なんとか仕事に行けるようにします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンウェークに入りました。 すでに、休みが明けるときを心配する状態です。 長い休みはうれしいですが、明けたときの苦しさがなんともいえず、 それがすでに初日から襲うのです。 考えない。これが一番だと思います。 酒と涙と男と女  http://youtu.be/3IFXN0AGtDM ゴールデン☆ベスト 河…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月曜日と雨の日は

月曜日と雨の日は、調子が悪いです。 また、仕事を休んでしまいました。 雨の日と月曜日は、という歌が、カーペンターズにありました。 Rainy Days and Mondays always get me down. とありますから、一般的に気がふさぐのでしょうか。 低気圧がくるとしんどいですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見上げてごらん夜の星を

この一週間は、仕事がぱっとしませんでした、というかいつもなんですどね。 自分の主張とか意見がもてないし、人に強く迫ったりできない。 上司からは、会議を主催したときに、「ちゃんとストーリーを持ってやっているのか?」といわれるし、 事実会議はぐだぐだでおわる。 思考力とかしゅんぱつ性がなくなっている。深くものを考えられない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くも四月半ば

桜の咲く季節になりました。ほかの木の芽や葉っぱも出始めていますし、 パンジーとか冬に植えたものが咲いていますね。 華やかな季節です。花粉の季節でもあります。 周りが浮かれていると、ぽつんと寂しくなることがありますが、 心は開く練習はしましょう。他人がむっとした顔をしているのは、 自分がむっとした顔をしているからかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せ

何は幸せかはわからない。お金とか地位とか名誉があっても、幸せとは限らない。 入院している母が、「生きてるだけで儲けもの」だと言っていた。誰かの言葉だと思う。 自分の幸せにこだわると幸せでない気がする。他人の幸せを願うとき、 その人自身が幸せではないかと思う。 きれいごとかもしれないけれど。 物に執着している限りは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月曜から

今日は不調で仕事を休んでしまいました。 行けそうではあったのですが、なんとはなくしんどいなと思って、 いつもよりましだなとは思いつつも、 まあ、いいや、ということで、会社へ休みますと電話しました。 一日、ほとんどコタツで寝ていました。 休むと、その翌日が余計に行きにくくなるので、 休みたくないのですが、 このあたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more